気になる行政書士の収入

気になる行政書士の収入

見事行政書士になることが出来たら、いったいどの程度の収入をもらうことが出来て、またどの程度の年収を手にすることが出来るのかというのは誰もが気になることかと思います。

 

行政書士の年収について具体的にイメージしようとしているのでしたら、まず最初はどんな行政書士なのかということを、先に決めておいた方が良いかもしれません。

 

行政書士の試験に合格をした人達の多くは、行政書士として普通に看板を掲げるのが一般的な働き方となりますが、それ以外にもどこかの企業に勤務をするといった手段も挙げることが出来ます。

 

これはあまり知られていないことなのですが、一般的な企業に入ることも出来ないワケではありません。やはり法務関連の部署や書類作成の仕事が中心となりますが、このような形の場合においては、一般のサラリーマンと似ているような年収となります。

 

とは言いましても、行政書士の資格を持っているのですから、当然仕事に関してもかなり出来るハズですので、昇進や昇給については早めになる傾向にあります。つまり、就職をしてからの貴方の頑張り次第ということになります。他にも資格に対する特別手当なども支給される可能性もあります。

 

落ち着いて観察をする場合には、一般的なその他の社員と殆ど変わらない給与体系になることもあります。このことから、いくら行政書士だからと言いましても、それほどの年収アップを期待することはあまり考えない方が良いかもしれません。

 

具体的に金額についてですが、おそらく平均すると500万円から700万円程度になるかと思います。

 

高収入を目指すなら独立開業

 

また一般企業に就職をして、行政書士の能力を使うことの出来る仕事をする際の例となりますが、経営コンサルタント事務所や、その他の士業の事務所、またはその他の行政書士の事務所に勤務をする場合におきましても、それほどの年収の伸びはないかもしれません。

 

行政書士として年収アップを望んでいるのでしたら、やはり独立開業をするのが最も有効です。もちろん、独立をするワケですから、誰にも頼ることは出来ませんので、リスクは伴うことになりますし、実際に失敗をしてしまい廃業する人たちもいます。

 

しかしそれでも、「前職時代と比較をして、行政書士になったことで年収が200万円以上アップすることに成功した」という人たちは結構いますし、俗に言う「勝ち組」の行政書士になることが出来たら、1000万円クラスの年収も十分に射程圏内です。

 

このことから行政書士というのは、資格に合格をするだけでは、確実に年収が増えるわけでは無いということを忘れないでください。