行政書士の書類作成業務

行政書士の書類作成業務

行政書士というのは、行政書士法で定められた国家資格であり、主なその業務内容というのは大きく分けると以下の3つを挙げることが出来ます。

 

@建設業許可や会社設立、また風俗営業許可等の手続にあたり、官公署(役所)に提出することとなる書類作成をします。
A個人間や法人間での契約をする際に、各種の契約書や遺産分割協議書、示談書、そして会社定款等といった様々な書類作成をします。
B内容証明郵便や車庫証明等といった書類作成など、作成することとなる書類というのは非常に多岐に渡っています。

 

依頼主に代わり、作成をした書類の官公署への提出手続、また許認可申請手続を行うこととなります。

 

他にも各種の手続に必要となってくる作成書類について依頼者の相談に応じたり、契約や法務についての個人や企業へのアドバイス、またコンサルティングなども行います。

 

仕事は書類作成だけでは無い

 

それでは「書類作成」というのは、いったい具体的にどのようなお仕事になるのでしょうか。例えば、新しく飲食店を開業したい場合でも、開業のために関係してくる法律や手続というのは非常にたくさんあります。

 

保健所の営業許可、消防署への届出はもちろん、その他にも業種や営業時間帯によりましては、風俗営業許可などといった様々な許可申請や届出をしなければいけません。

 

一般の人が、これら様々ある必要な手続を調べて、必要な書類や添付書類を正確に作成し、役所に足を運び許可が受理されるまで全てを自分で行うとしますと、相当の時間と労力が必要となります。

 

行政書士というのは、関連する法律や手続のプロフェッショナルとして、このような依頼主に代わり、書類の作成をしたり、役所との折衝、申請手続などといったことを代行して行うのです。

 

また行政書士におきましては、「書類作成業務」が仕事の中心となっていることで、昔は「代書屋」と言われていたことがありました。しかし、規制緩和に伴って行政手続きの簡素化、IT化、オンライン化といった流れに伴い、ただ単に書類作成業務だけでに限ったことではなくなりました。

 

行政書士として持つ法律知識を生かし、相続や事業承継のコンサルティング、また中小企業向けに法務アドバイスなど、多種多様な専門領域において活躍することの出来る行政書士が求められているのです。

 

ちなみに行政書士というのは、税理士が行っている税務申告や、司法書士が行っている登記業務など、法律上その他の資格の独占業務と定められる業務は行えません。