行政書士の資格を取得

行政書士の資格を取得

行政書士として仕事をする場合には、当然のことですが、まず最初に資格を取得することが必要不可欠です。行政書士の資格を取得しようと考えているのでしたら、行政書士試験に合格をすることが最短距離になります。

 

実際にはそれ以外にも方法はあります。例えば、その他の困難な資格である弁護士や税理士等を取得していたり、公務員や特定独立行政法人等の特殊な職歴を長年経験しているかなどとなります。

 

ですので、これから行政書士の資格を取得したいと考えている人達にとりましては、試験合格を狙っていくのが最も近道と言えるのです。

 

行政書士の試験に合格をしたからと言って、すぐに行政書士と名乗ることが出来るワケではありません。実は行政書士として仕事をするためには登録の手続きをしなければいけません。

 

各都道府県には、行政書士会と呼ばれている組織があります。ここに手続きをすることによって、「日本行政書士会連合会」に対し登録の申請をしたこととなります。

 

無事に申請が受理されることで、その都道府県において事務所を開業することが出来るのですが、行政書士に雇われている行政書士の場合には、事務所の開業は出来ない決まりになっていますのでご注意ください。

 

行政書士証票や行政書士登録証の発行

 

特に問題が無ければ、行政書士として正式に登録を認められることになりますが、念の為審査が行わることとなります。欠格事由や登録拒否事由がしっかりと定められていますので、その事由に該当をすると判断されてしまいますと 登録を断られることになります。

 

登録が許可されますと、行政書士証票や行政書士登録証が発行されます。そして行政書士名簿に指名が記載されます。注意しなければいけないのは、一度業務の禁止の処分を受けたり、また登録の取り消しの処分を受けますと、再度の登録は原則として3年を経過しない限り認められていませんので覚えておいてください。

 

そして行政書士の資格を取得し、それを維持するための費用についてですが、入会する際に総額で15〜30万円程度は必要になってきます。登録が済んだとしても、そこから会費が必要となります。この会費は、年間で数万円になるのが相場です。

 

このことから行政書士の資格を手に入れることが出来たら、出来る限りその資格の効力を発揮して、たっぷりと稼いでいった方が良いのです。

 

行政書士というのは試験に合格したからと言って誰もが稼げるようになるワケではありません。行政書士として成功するか、また失敗してしまうかは、本人次第なのです。