行政書士に必要な能力

行政書士に必要な能力

行政書士というのは、女性だったとしても男性と同じように仕事で活躍することが出来るというのは間違いありません。とは言いましても、全ての女性が行政書士に向いているワケではありませんのでご注意ください。

 

女性の方が行政書士に合格をしたとして、それ以後自分が行政書士としてやっていくことが出来るかどうかというのは、実際に勉強を決意する前に、これからここで書くようなことを自分と照らし合わせ、一度よく考えてみてください。

 

行政書士として活躍することに向いている女性というのは下記の通りとなります。
? コミュニケーション能力に特に優れている
? 顧客が求めていることに対して的確に実現することが出来る
っということが挙げられます。最もこのようなことは、男性の場合だったとしても同様のこととなります。このことから言えるのが、行政書士というのは男女差が少ないということがわかります。

 

「行政書士として仕事をしたくなってきた」という女性に、予め覚えておいて欲しいこととしまして、どのような働き方をする場合だったとしても、一度仕事を引き受けることになったら「書類作成のプロフェッショナルとして最後まで仕事を遂行する」ということが大切です。

 

観察力や探究心をいつでも持ち続ける

 

今まで社会経験が豊富な女性でしたら、よくご理解いただいていることかと思いますが、まだ若かったり、家事をしていた時期が長かった女性からしてみれば、どうも実感がわかないかもしれません。

 

特に家庭を持っている場合には、家庭を優先してしまうことで、仕事を中途半端に引き受けてしまうことで、顧客からの信頼を失ってしまう結果になります。

 

さらにもう一つ言えることが、観察力や探究心をいつでも持ち続けるということです。ただ言われたことやルーティンワークを事務的に行っているだけの女性行政書士では、最終的に行き詰まってしまうことになります。

 

社会がどのように変わってきているのか、それから顧客がどのような人たちなのかをよく観察する毎日を過ごすことが大切です。

 

男性でしたら、行政書士で無かったとしても、割りとよくご理解されていることかと思いますが、女性の場合には町中の小さな会社の経営というのが、一体どんなものなのか、あまりイメージをすることが出来ないかもしれません。

 

顧客となる中小企業の人達と深いコミュニケーションをしっかりと行い、また観察を繰り返して学習をしている姿勢を、行政書士でいる限りいつまでも持ち続けることが大事なのです。