行政書士試験の日程

行政書士試験の日程

行政書士の資格を取得しようと考えているのでしたら、まず行政書士試験を受けて合格することが最も手っ取り早い方法となります。そんな行政書士の試験というのは次のような要項において毎年実施されることとなりますが、念のため、その年の要綱は必ず確認をしておくようにしましょう。

 

■試験日:11月第2日曜日
■試験時間:13時〜16時(3時間)
■受験料:7000円
■受験資格:なし
(性別・年齢・学歴・職歴・国籍等による制限は皆無)

 

受験資格の欄にも書かせていただきましたが、行政書士の試験というのは、条件無く誰でも受けることが出来るという特徴があります。

 

実際に、何かしらの理由によって進学することが出来なかった人たち、また就職をすることが出来なかった人たち、 他にも外国籍の人たちやその子供など、誰に対しても平等にその立派な資格を得ることの出来るチャンスがあるのです。

 

次に行政書士の試験科目についてですが、基本的なこととして次のようになっています。

 

■法令科目(五択問題+多肢選択式問題+記述問題): 憲法・行政法・民法・商法・基礎法学
■一般知識等(五択問題):政治・経済・社会・情報通信・個人情報保護・文章理解

 

行政法というのは、「行政手続法」「行政法の一般的な法理論」「行政不服審査法」「行政事件訴訟法」「国家賠償法」「地方自治法」などとかなり多岐にわたっています。記述問題というのは、概ね40文字程度であり、近年は回答を促される方式が採用されています。

 

そして次に、行政書士の試験の日程についてご説明させていただきます。

 

■試験要項の発表:7月上旬〜中旬
■試験申込期間:8月〜9月上旬まで
■試験日:11月第2日曜日
■試験結果発表:1月下旬

 

試験の結果については、受験者ひとりひとりに対して郵送にて送付されることとなります。

 

本腰を入れて勉強

 

行政書士の試験について忘れてはいけないこととしまして、合格率の低さを挙げることが出来ます。実際のところ、行政書士の試験の合格率というのは非常に低い傾向にあり、毎年10パーセントを切っているのが普通です。

 

行政書士の試験に合格したいのでしたら、本腰をしっかりと入れて勉強をしないと資格を得ることは出来ません。実際のところ何年も不合格となってしまっている人たちがもいるのです。

 

行政書士にはそこまでの難しさがあるワケですから、行政書士の試験を受けると決めましたら、とにかく一心不乱になって勉強をすることは最重要なのです。