女性行政書士の平均年収

女性行政書士の平均年収

行政書士として仕事をしようかどうか考えている女性がよく気にしてしまうことの一つとして年収を挙げることが出来ます。

 

行政書士は自由業となりますので、一般的なOLさんのように年収が安定している仕事ではありませんが、逆に高い年収を稼ぐことの出来るチャンスを与えられることになる資格なのです。

 

実際に行政書士の試験を受ける前から、どのような方法で年収を増やしていこうかなということをイメージしておくことが大切です。

 

行政書士の試験に合格をして、登録の手続きを完了させることによって、晴れて行政書士と名乗ることが出来るようになります。それまではただ資格を持っているだけでは行政書士を名乗ることは出来ません。

 

登録の手続きというのは、地域によりましてある程度の違いがありますが、全部で概ね25〜30万円程度は必要になると考えておけば間違いありません。この金額というのは、ほとんどの女性にとりましては、少し痛い出費となるかもしれません。

 

出来る限り早くこの出費を回収したいところなのですが、肝心の行政書士の年収というのは、どのようにすれば上げることが出来るのでしょうか?

 

行政書士の年収ですが、正直な話、その他の職業や他の資格と比較をして、そこまでいいわけではありません。時々、様々な場所で年収の調査が行われているようですが、概ね500万円前後になっているようです。

 

活躍をしている行政書士

 

このように書きますと、行政書士になる意欲が一気に醒めてしまうかもしれませんが、これはあくまでも平均値であって「活躍をしている行政書士」の平均年収で表せば、金額がかなり上がることとなります。

 

おそらく600〜700万円以上にはなるかと思います。しかしこれにはちょっとした数字のカラクリというものがあります。

 

行政書士というのは、合格や登録をしたとしても、結局は行政書士として働いていない人たちが実際のところ結構な数いるのです。

 

その原因というのは様々あげることが出来ますが、自由業という仕事である以上、上手に仕事をとることが出来なければ、事実上引退状態になってしまう例はあるのです。

 

そのような例も含めますと、自然と平均的な年収というのは下がってきてしまうことになります。中には最初からアルバイト感覚や副業感覚で行政書士として活動している例もあるのです。つまりこのような場合は、最初から高年収を稼ごうと考えていないのです。

 

ご自分のスタイルを確立して、上手に顧客とコミュニケーションをとりながら行政書士として仕事をしていくことが大事です。