独学で行政書士を学ぶ

独学で行政書士を学ぶ

行政書士を目指している人の中には独学をしている人がいます。つまり、行政書士の教本や六法全書等をとにかく集めてきて、それらを自室で読んで研究したりするだけで、誰にも頼ること無く勉強をして試験に挑もうとされています。

 

そもそも行政書士の試験というのは、例年著しく低い合格率が長年続いているのは有名な話です。このことから、とにかく出来る限り合格することの出来るような勉強法を選択する方が、時間を無駄にすることがありません。

 

行政書士の世界におきましても、3年以上連続して落ちてしまっている人たちが過去はもちろん、現在においても非常に多くいることから考えても 行政書士に興味を持っている人達に対して全員に知っておいてもらいたい厳しい真実です。

 

とにかく行政書士を独学で学んでいくというのは、ものすごく無謀な選択だということになるのですが、独学で学んでも良いという人たちも存在しています。それはどのような人たちなのでしょうか?

 

それは大学法学部などで真面目に単位を取得してきているような人たちや、 公務員や企業の法務関係の部署に在籍をしていていて、行政書士の仕事や法知識についてある程度の見通しが利く人たちです。

 

勉強法に根本的な欠陥

 

一度目の受験で失敗してしまった人が、もう一度チャレンジすることによって、見事に受かりそうな感じがして、また独学で行政書士試験を受け直すといったこともあるようですが「もうちょっとのところで落ちてしまった」という確信があるのでしたら話は別ですが、そうで無ければ、独学は避けた方が良いかもしれません。

 

独学をして一度失敗をしてしまっているのですから、それは行政書士の勉強法に根本的な欠陥があったからに他なりません。

 

確かに行政書士の勉強を独学で進めていくということは、ありがたい面もいくつかあります。まず、当然のことですがお金を安く済ませることが出来ます。しっかりとした先生がついてくれるような学校や通信講座を利用すると、当然報酬をまず最初に用意しないといけません。

 

また学校に通うためには、ある程度の時間的な制約も必要となってきます。しかし通信講座でしたら、そこまで費用も必要の無い種類が増えてきていますし、自宅で勉強すること出来る点では 独学と同じことです。

 

とにかく行政書士の試験というのは、難問揃いとなりますので、独学といった非常に危険な勉強法を選択するのは是非回避して欲しいです。