行政書士についての基礎知識

基本的な行政書士の知識を豊富にご案内

行政書士に関する基礎知識を学ぶなら当サイト!「行政書士についての基礎知識」では、その名の通り、行政書士のお仕事内容や資格取得、特徴、給料などといった基本的な知識を豊富にご案内しています。

 

「行政書士ってそもそも何?」「行政書士になるためにはどうしたらいい?」「行政書士は何をしてくれるの?」などについて詳しくお答えします。

 

我が国では許認可行政とも言われているほど、何か行動をするためには許可や認可が必要となってくることが多くありますが、 そのための申請書に関しても必然的に相当な数があり、その種類というのは10000種類とも言われています。

 

そして行政書士というのは、これらの省庁や都道府県庁、市役所・区役所などといった官公署に提出することとなる書類についての相談や作成・提出の代理を業務としています。

 

後のトラブル回避

現在では権利意識が向上してきていることで、後々のトラブルを避けるために、契約書などの権利義務書類を作成することが重要視されています。しかし、残念ながらこのようなトラブル回避のための書類を作成する為には、高度な専門的知識を要します。

 

行政書士というのは、そのようなニーズに応え契約書や遺言書、さらに内容証明などといった書類の作成を行います。

 

また会社を設立するにあたりましては、定款を作成しなければいけません。このような事実証明に関する書類作成についても 行政書士が承っている業務の一つとなります。

 

近年、社会情勢が複雑になり、高度化してきていることから、行政書士の業務というのは、 単なる許認可手続の業務に限ったことではなく、高度な知識を要するコンサルティング能力も求められるようになってきています。

 

これから先、行政書士のコンサルタント的な役割は一層求められるようになり、言うならば法務コンサルタントとして数多くの方面にて活躍していくこととなります。

 

高度情報通信社会への適応

そして現代では技術革新やインターネットなど、高度情報通信社会が急激に普及してきており、行政自体において電子政府や電子自治体などに移行しつつあります。

 

これに伴い行政書士も法律に書類作成知識だけではなく、高度情報通信社会における行政手続も必要になってきました。

 

実際に平成14年に改正された行政書士法によって、紙の書類作成だけではなく、電磁的記録の作成業務も行政書士の業務となりました。

 

このように行政書士の業務も多岐に渡るようになり、私達の生活には欠かすことの出来ない存在なのです。